売掛金を買い取り現金化するファクタリングって知ってる?

握手

「ファクタリング」という言葉をご存じでしょうか。ファクタリングとは、企業の「売掛金(売掛債権)」をファクタリング業者が買い取ることです。これにより、企業は売掛金を本来の支払いサイトよりも早く現金化できます

企業対企業の取引では、商品やサービスの提供に対し、その代金の締め日から支払日までの猶予期間である「支払サイト」を、1ヶ月~半年程度設ける「掛取引」が一般的です。

その場合、商品・サービスを提供した企業には、債権者としてその代金を受け取る権利である「売掛債権」が発生します。売掛債権のうち、手形支払いでないものを売掛金と呼びます。

商品・サービスを受け取った売掛先の企業には、債務者として代金を支払う義務である「買掛債権」が発生します。

ファクタリングでは、債権者である企業がファクタリング業者に売掛債権を譲渡し、ファクタリング業者は売掛金の額面から所定の手数料を差し引いた額を債権者である企業に支払います。

ファクタリングのメリット

ファクタリングを利用するメリットは、次のような点があります。

・売掛金を早く現金化できる

銀行の融資や手形割引などは審査が厳しく時間がかかりますが、ファクタリングは自社の経営状況が審査にほとんど影響せず、手続きが早いので、すぐに現金を手に入れることができます。

・借入金にならない

ファクタリングは、貸借対照表上、負債ではなく未収入金となります。負債の記録があると、その返済が完了するまでは新たな融資を受けにくくなるので、他に融資を受けることを検討している場合、ファクタリングが便利です。

・売掛先の倒産リスク回避

日本で主流なのは、「償還請求権」なしの完全買い取り、ノンリコースファクタリングです。ノンリコースファクタリングでは、売掛先の倒産などで売掛金が回収できない場合も、ファクタリング利用企業に支払いの義務は生じません

2社間と3社間の違い

ファクタリングには2つの形があります。

1つは、売掛債権を保有している企業とファクタリング業者とで行う「2社間ファクタリング」。もう1つは、売掛債権を保有している企業とファクタリング業者に、売掛先企業も加わる「3社間ファクタリング」です。

2社間ファクタリング
2社間ファクタリング

3社間ファクタリング

2社間ファクタリングでは、基本的に、ファクタリングに売掛先の承諾は必要ありません。そのため、現金化は早くなります

しかし、売掛債権保有企業にとっては、売掛金回収と支払いの手間が増えます。また、ファクタリング業者にとっては売掛金を直接回収することができず、リスクが高くなる分、手数料も高くなります。

売掛債権保有企業をA社、売掛先企業をB社とすると、取引の流れは次のようになります。

  1. A社とファクタリング業者が契約
  2. ファクタリング業者が売掛金を買い取り、現金化
  3. B社からA社へ売掛金の支払い
  4. A社がファクタリング業者に売掛金の支払い

3社間ファクタリングでは、売掛先企業の承諾が必要になります。その分、手続きが増え、現金化が遅くなります。また、売掛先企業から見た売掛債権保有企業の信頼性が下がる恐れもあります。

しかし、売掛債権保有企業は、売掛金を現金化した後は手続きの必要がなくなります。また、ファクタリング業者にとっては、売掛金の回収リスクが下がるため、2社間に比べると手数料を安く抑えることができます

売掛債権保有企業をA社、売掛先企業をB社とすると、取引の流れは次のようになります。

  1. A社、B社、ファクタリング業者が契約
  2. ファクタリング業者が売掛金を買い取り、現金化
  3. B社がファクタリング業者に売掛金を支払い

現金化を急ぐのであれば2社間ファクタリング、手数料を抑えたいのであれば3社間ファクタリングを利用すると良いでしょう。

ファクタリングの注意点

便利なファクタリングですが、利用する際には次のような注意が必要です。

・ファクタリングが利用できない売掛債権がある

売掛債権について、他者に譲渡されたものや、譲渡禁止特約を交わしているものは、基本的にファクタリングを利用できません。

・手数料が割高になることがある

ファクタリングの手数料は、2社間で10~30%、3社間で5~10%が相場です。売掛先の信用が高いほど、手数料は抑えられます。逆に売掛金回収のリスクが高いと、手数料も高くなります。

裏を返せば、ファクタリングを利用する側の経営状況や信用度はあまり重要視されず、売掛金と売掛先の評価が審査に直結するということです。

・悪徳業者もゼロではない

契約を結んだのに現金化がなかなかされない、法外な手数料を要求されたなど、ファクタリング業者の中にも、悪徳業者はゼロではありません。

業者の評判を調べるのはもちろんのこと、契約書は細かいところまできちんと確認しましょう。手数料が高すぎるのはもちろん問題ですが、相場より安すぎる業者も要注意です。また、対面取引を嫌う業者は、実態がないという可能性もあります。

ファクタリングを活用して事業成長を

ファクタリングは19世紀末~20世紀初めにかけてアメリカで始まった、歴史ある資金調達の方法です。

ただ、日本ではかつて手形取引が盛んだったこともあり、ファクタリングはあまり普及してきませんでした。しかし、時代の流れと共に手形取引が激減し、日本でもファクタリングが新たな資金調達の手段として改めて注目されています。

たとえば、メーカーなどで、売上が立つことは確実だが、工場が海外にあり前払いが必要といった場合、ファクタリングを活用することでチャンスを逃すことなく、成長につなげることができます。

  Share:

筆者: ファクタリング編集部

はじめてファクタリングを利用されたい方のために、どこよりもわかりやすいファクタリング情報の発信を心掛けています。

編集部では、保険や投資、キャッシングに詳しい金融のスペシャリストが在籍しており、最新の情報を発信できるよう日々情報を収集しています。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください