ビートレーディング 安心の信頼と豊富な実績

ビートレーディング

売掛金の買い取りという大きな金額の取引になると、やはり取引する会社の信頼性や実績が心配になると思います。

実際に売掛金の買い取りを謳った闇金や詐欺のような業者があるのも事実です。

売掛金の買い取りは、貸金と隣合わせとなっている上に、地方の小さな業者が多数存在しているため、利用者は何を基準にどういう会社を選べば良いのか判断が難しいと思います。

数ある売掛金買い取り業者の中でも、全国区で実績を挙げ、急成長を遂げているのがビートレーディングです。

インターネット上でも多くのメディアがビートレーディングを取り上げており、口コミや評判も多く紹介されています。

ビートレーディングの魅力にはどのようなものがあるのでしょうか

ビートレディングの魅力

1.スピード査定

必要な情報を知らせるだけで、買い取り可能額がすぐに分かります。現金化を急ぎたい方にはとって、スピード査定は非常に魅力的なものですよね。

多くの事例では2日以内に決済されており、さらには即日決済という事例もあり、スピードは大きな魅力と言えます。

2.高価買取

売掛金の買い取りにおいて、利用者は債権額に出来るだけ近い金額で買い取って欲しいという思いがあると思います。

実際にビートレディング上でも債権額と買取額の事例が紹介されています。

以下が主な事例です。

事例1
・債権額:約200万円
・調達額:約150万円

事例2
・債権額:約500万円
・調達額:約470万円

事例3
・債権額:約1,300万円
・調達額:約1,200万円

事例4
・債権額:約180万円
・調達額:約170万円

事例5
・債権額:約310万円
・調達額:約295万円

このように、債権額にかなり近い額で皆さんが調達されているのが分かります。

3.断らない

赤字・債務超過・税金滞納・個人事業主様などのお問い合わせでもお断りしないということをウリにしています。

ビートレーディングが最も重視しているのは売掛債権の確実性です。

銀行の融資などが断られた方であっても、売掛先企業の内容を重視して審査が行われます。

4.十分な実績

ビートレディングは2017年時点で月に200件以上の買い取りを行っています。

これだけ多くの買い取りを行っていると、様々な事例に幅広く対応してくれることが期待できますよね。

5.お客様一人ひとりに専属の担当がつく

ビートレーディングでは専属の担当者がつきますので、はじめての方でも安心してお申込み頂けます。

スピード査定する

利用者の声

  • 利用者の声を集めてみると、多くの方は開業直後であったり、銀行融資が間に合わなかった場合に、ファクタリングを利用している様です。
  • また、ビートレーディングは専属の担当者がつくということもあり、人として信用出来たという声も上がっていました。
  • ファクタリングは取り扱い額も大きくなる傾向にあるので、「人」が信頼できるかどうかは大きな安心材料となりますよね。

債権買取額上限

ビートレディングでは債権買取の上限額は設定されていません。

現金化までのスピード

売掛金の金額や審査のスピードにもよりますが、最短で当日中の入金が可能となっています。

急いで現金が欲しい方からすれば大きなメリットといえるでしょう。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ビートレーディングでは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングはどちらも対応しています。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、取引先への通知はなく、ビートレーディングと申込者の間で完結するファクタリングになります。

取引先への通知はありませんが、債権買取額が低くなる(手数料が高くなる)のがデメリットです。

<契約後の流れ>
2社間ファクタリング

メリット

取引先に通知されない。

デメリット

手数料が3社間ファクタリングに比べると高い。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、取引先も関係するファクタリングになります。取引先に事前に通知し、売掛金をビートレーディングに支払われるようにする流れになります。

<契約後の流れ>

メリット

手数料が2社間ファクタリングに比べて安い。

デメリット

取引先にファクタリングを利用されていることが知られてしまう。

どちらが多く利用されているか

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで比べると、2社間ファクタリングの方が多くの方に利用されています。

理由としては、多少債権買取額が少なくなったとして、取引先にファクタリングを利用しているのを知られるよりはいい!という考えからでしょう。

ビートレーディングってどういう会社?

ビートレーディングは平成24年(2012年)創業の債権買い取り会社になります。

ビートレーディングは貸金業者ではなく、売掛金売買の決済専門商社という位置づけとなっています。

ここでビートレーディングの会社ホームページから沿革を確認して見ましょう。

2012年4月
千葉県千葉市中央区に資本金200万円で株式会社ビートレーディングを設立

2012年8月
東京都港区新橋に東京営業所を設置

2013年12月
東京都港区西新橋に東京営業所を移転し、ファクタリング事業を開始

2014年4月
事業拡大に伴い、東京都港区芝大門に東京営業所を移転

2015年(平成27年)1月
月間契約数100件達成

2015年(平成27年)10月
資本金を1,000万円に増資し、東京営業所のある東京都港区芝大門(現住所)を本社とする。

2016年(平成28年)7月
月間契約数200件達成

2017年(平成29年)4月
福岡県福岡市博多区に福岡支店を設置

2017年(平成29年)10月
資本金を7,000万円に増資。

2017年(平成29年)12月
大阪府大阪市北区に大阪支店を設置

このように年々実績を積み、急速に拡大している会社であることが分かります。

それだけ多くの利用者に利用されていることの裏返しとも言えそうです。

ビートレーディングは会社のホームページ上で、ほとんど毎日の債権買取件数を紹介しています。ここを見れば、毎日多くの方に利用されていることが分かります。

スピード査定する

  Share:

筆者: GOODファクタリング編集部

はじめてファクタリングを利用されたい方のために、どこよりもわかりやすいファクタリング情報の発信を心掛けています。

編集部では、保険や投資、キャッシングに詳しい金融のスペシャリストが在籍しており、最新の情報を発信できるよう日々情報を収集しています。