はじめてのファクタリング基礎知識 仕組みとメリット・デメリット、注意点を知ろう

会議

売掛金を現金化するファクタリングは、事業の資金繰りに悩んでいたり、急に資金が必要になったりした際におすすめのサービスです。

また、ファクタリングは「売掛債権の売却」なので、融資とは違い「保証人が不要」「返済の義務なし」というのが大きなポイントです。

この記事では、ファクタリングの基本的な仕組みや方法、メリット・デメリット、ファクタリングの種類などについてご紹介します。

これからファクタリングを利用する予定がある、万が一の場合に備えて知っておきたいという方の参考になればと思います。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは、取引先との間で発生した売掛債権を業者が買い取り、早期に資金化して支払うサービスのことを指します。

ファクタリングを利用しない売掛金の回収

例えばA社(自社)がB社(クライアント)に対して商品を納品し、後払いで代金を受け取るとします。
この場合、商品を納品した時点で、B社からA社に対する売掛金が発生します。

商品を納品し、売掛金が発生

納品が完了してから代金が支払われるまでの間、A社は売掛債権(B社に代金を支払ってもらう権利)を持っている、ということになります。

取引条件によっては、納品から数ヶ月後が支払い期日ということもあります。その間、A社は売掛債権を持ってはいるものの、期日まで売掛金(現金)が入ってきません。

売掛金の入金時期が遅い取引先が多くなったり、本来の期日に入金が正常になされない取引先が出てきたりすると、会社の資金繰りが厳しくなってしまうケースもあります。

ファクタリングは、ファクタリング業者が売掛金を買い取り、買い取った代金をA社(自社)に先に振り込みしてくれるので、自社の資金繰りは大幅に改善することになります。

通常、企業が運転資金を調達するには、一般的に以下のような方法があります。

  • 融資を受ける
  • 売掛金の早期回収を行う
  • 取引先への支払い条件を変更する(支払い期日を遅らせる 等)
  • 取引先から、商品やサービスなどの料金の一部または全額を前払いで支払ってもらう
  • 不動産など、使用していない資産を売却する

しかし、事業を開始してから間もなかったり、会社の業績が悪化していたりすると、銀行などから融資を受けようとしても断られてしまうこともあるのが現実です。

また、取引先の倒産などで売掛金を回収できなかったり、支払い条件の変更や早期回収などに応じてもらえなかったりすることもあります。

ファクタリングを利用すれば本来の期日よりも早く売掛金が現金化されるため、企業は健全なキャッスフローを保って経営を行うことができます。

ファクタリング業者は、売掛金に対して数%の手数料が利益となります。

ファクタリングの2種類の契約種類

ファクタリングには、償還請求権がある場合と、ない場合の2種類の契約があります。

償還請求ありの場合(ウィズリコース)

万が一クライアントが売掛金を支払えなくなった際に、ファクタリング業者から依頼主へ未回収売掛金を請求することができます。

償還請求権がない場合(ノンリコース)

クライアントが売掛金を支払えなくなった場合であっても、依頼主が未回収の売掛金を支払う義務は発生しません。

日本で主流なのは償還請求権なしの「ノンリコース」です。

よって、ほとんどの場合は未回収になった売掛金いついては支払い義務がないため、安心して資金調達ができるということになります。

ファクタリングの流れ

一般的なファクタリングのおおまかな流れは、以下の通りです。

1.申し込み(ヒアリング〜仮査定)
2.査定(書類提出〜債権内容調査)
3.契約(取引額の確定〜契約締結)
(3社間のみ)債権の譲渡
4.入金
(2社間のみ)売掛金の振込

申し込み方法は電話や直接訪問もありますが、ネット申し込みが最もおすすめです。

なぜなら、ネット申し込みの場合ならば、ヒアリング内容を文字で先に伝えることができるからです。

後々のヒアリングを省略することができる場合もあります。

また、依頼主とファクタリング業者との間で契約を行う前には、仮審査〜本審査があることがほとんどです。

そして、依頼主は決算書、会社資料、売掛金証明書類、納税証明書、商業登記簿謄本などを準備します。

審査に通過すると、債券譲渡契約を締結します。

その後、クライアントに商品やサービスの提供を行ったことで発生した売掛債権を、ファクタリング業者へ売却します。

ファクタリング業者は売掛債権の売却を受けた会社に対し、売掛金から手数料を差し引いた額を早期に入金します。

ファクタリングのメリット

メリット

ファクタリングには銀行融資などにはない多くのメリットがあります。以下でそのメリットについて詳しくみていきましょう。

早期の資金化が可能

ファクタリングを利用することで、本来よりも早く売掛金を現金化できます。

場合によっては、即日入金が可能なケースもあります。

また、業者によっては、わずか数日で入金を行ってくれる所もあります。

銀行融資などの場合は審査で数週間〜数ヶ月がかかることもある一方で、ファクタリングは早期に資金化することが可能です。

借入金にならない

ファクタリングは融資ではないため、借入金とは異なります。

担保などが不要なだけでなく、金利などもかかりません。

貸借対照表上に負債として記録されないため、安心して利用できます。

審査が厳しくないことが多い

銀行などから融資を受ける場合、経営状況や実績などが見られるため、設立して日が浅い企業や経営状況が悪い企業は、審査に落ちてしまうことも少なくありません。

ファクタリング業者の場合、売掛金分を回収することが目的のため、売掛金の質や支払う企業の経済状況が重要となります。

つまり、依頼主の経営状況はそれほど審査において重要ではないのです。

そのため、自社に税金の滞納があるなど、一般的な融資を受ける際にはマイナスポイントになりそうな事情がある場合でも、ファクタリングの審査には通る可能性があります。

クライアントに問題が起きた時のリスクがない

ファクタリングは「債券」という資産を売却する仕組みです。

そのため、万が一クライアントが倒産したり、急激に経営が悪化したりして支払いができなくなった場合でも、償還請求権なしの契約をしている場合、依頼者がリスクを負うことはないのです。

ファクタリングのデメリット

デメリット

非常に多くのメリットがあり、銀行融資などよりもスピーディーな資金調達が可能なファクタリングですが、一部デメリットとなる側面も持ち合わせています。

資金調達をする場合は、以下のようなデメリットを事前にチェックし、本当にファクタリングが自社の状況にあっているのかを確認する必要があります。

売掛金以上の利用は不可

銀行などの融資とは異なり、ファクタリングでは売掛金以上の金額を利用することはできません。

例えば売掛金が500万円の場合、500万円以上のファクタリングはできないことになります。

大きなお金が必要な場合などには、ファクタリングのサービスだけでは調達金額が足りない可能性もあります。

売掛債権の評価が低くなることがある

ファクタリング業者が売掛債権を買い取る際、本来の金額よりも低めに評価されることがあります。

これは掛け目(かけめ)と呼ばれ、対象となる担保によってその割合が異なります。

ファクタリング業者の場合、業者ごとに掛け目の割合が変わるため、売掛金よりも低い額で買い取りとなることもあります。

特にクライアントの経営状況が悪い場合など、掛け目が低くなることがあります。

ただし、業者によって基準は異なるため、事前の確認が必要です。

手数料が高くなることもある

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、2社間ファクタリングの場合は手数料が高くなります。

手数料の目安は、2社間ファクタリングが10~20%、3社間ファクタリングが1~5%となります。

2社間ファクタリングを多用しすぎると、現金が入金される時期は早くなっても、結果として入って来るお金が少なくなるため、逆に負担になってしまうことがあります。

クライアント側の印象が悪くなることがある

3社間ファクタリングの場合、クライアントにファクタリングを行うことが知られることになります。

クライアントによっては、「経営状態が悪いのではないか」「倒産するのでは」など、不安に思われてしまう可能性もあります。

クライアントに金銭的な負担がかかることはないものの、印象が悪くなってしまう可能性があるという点は知っておきましょう。

悪徳な業者も存在する

ファクタリングは利用しやすい反面業者も参入ハードルが低いため、残念ながら悪質な業者も存在するのです。

例えば、契約時になって手数料を不当に吊り上げたり、契約書の控えを渡さなかったりするなどです。

また、本来ファクタリングは債券譲渡契約であるにも関わらず貸金契約を結ぶ、株式の譲渡を要求してくる、などの業者もいます。

このような場合、会社側も違法な契約を結ばされていることに気づかず、後からトラブルになったり、逆に経営がひっ迫してしまったりすることにもなりかねません。

ファクタリングを利用する場合には、慎重に業者を選定する必要があります。

実際にファクタリングをした人の声

ファクタリングを利用した人の中には、以下のような声があります。

  • 会社の業績が悪化し、融資を受けられなくなったためファクタリングを利用した。2社間ファクタリングにしたため、取引先に知られることなく利用できた。
  • 急遽資金が必要になったが、融資などは審査に時間がかかるため難しかった。ファクタリングを利用した所速やかに対応してもらうことができ、会社の信用を失わずに済んだ。
  • 会社を設立して間もない状況だったが、ファクタリングの審査に通り、利用できたのでとても助かった。

基本的には、ファクタリングを利用したことによる満足度は高いと言えるでしょう。

その反面、「ファクタリング業者の指定する年商に届かず利用できなかった」「細かいヒアリングなどがなかったため、本当に資金調達ができるのか心配になった」など、条件が合わず利用できなかったという声や、ファクタリング業者に対する懸念を感じた、という声もあります。

2社間ファクタリング、3社間ファクタリングの違い

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。それぞれの違いは、以下の通りです。

2社間ファクタリング
ファクタリングを利用する会社と、ファクタリング業者の間で契約を締結します。会社とファクタリング業者の間で合意が取れれば、クライアントの許可は必要ありません。会社は、クライアントからの売掛金が入金されたら、ファクタリング業者に支払います。クライアントには、ファクタリングをしていることが知られない反面、手数料が高めに設定されています。

3社間ファクタリング
ファクタリングを利用する会社、クライアント、ファクタリング業者の三社間で契約を締結します。ファクタリングを実施するにあたり、クライアントへ売掛債権譲渡の通知が必要となります。クライアントが合意すれば3社間ファクタリングが可能となり、クライアントは、期日までにファクタリング業者に売掛金を支払います。手数料は、2社間ファクタリングに比べて安くなります。

ファクタリングを行う時の注意点

実際にファクタリングを利用する際の、注意点についてもみていきましょう。

クライアントの状況が重要視される

ファクタリングの審査では、ファクタリングを利用する会社よりもクライアントの状況が重視されます。

クライアントの経営状態が悪い場合、売掛金を回収できない可能性があるためです。

償還請求権のないファクタリング契約では、ファクタリングを利用した会社は売掛金を回収する義務がなくなります。

そのため、売掛金を支払えない可能性のあるクライアントは、ファクタリング業者にとってリスクとなります。

また、ファクタリングを利用する会社とクライアントの取引期間があまりにも短い場合なども、審査に影響する可能性があります。

ファクタリングを行う際には、継続した取引を行い、毎月一定の売掛金を支払い続けているクライアントを選ぶのが望ましいでしょう。

さらに、ファクタリングは、基本的にはクライアントが法人の場合に利用できます。

取引相手がフリーランスなど、個人事業主の場合にはファクタリングはできないこともあるので、注意が必要です。

悪質な業者を見極める

ファクタリングの契約は、よほどの事情がない限り対面で行いましょう。

ファクタリングを利用したい場合にはなるべくスピーディに契約をしたいと考える人もいるかもしれませんが、ファクタリング業者から十分な説明を受けなかったり、疑問が多いまま契約を結んでしまったりするのは非常に危険です。

また、悪質なファクタリング業者の中には、オフィスが存在しなかったり、バーチャルオフィスなどになったりしているケースもあります。

直接ファクタリング業者のオフィスへ出向くことは、きちんとした会社が運営しているかどうかの確認にもなります。

契約の際には、不明点などはきちんと確認したうえで契約を行うことをおすすめします。

諸費用がかかる

ファクタリングでは、通常の手数料以外にも諸費用がかかります。

審査料や契約書に使用する印紙代のほか、債券譲渡登記が必須の場合には、債権譲渡登記費用など、所定の法定費用がかかります。

これらの実費に関しては、ファクタリングを利用する会社が支払うことになります。

ファクタリングをする前に覚えておくべき5つのポイント!

ファクタリングは、資金調達の方法のひとつとして優れたサービスである一方、気をつけるべき点もあります。

ファクタリングを利用する際に、覚えておくべき大きなポイントは以下の5つです。

  • 融資などに比べて審査や入金が早い
  • 手数料がかかる
  • 売掛金以上の利用は不可、また、売掛金の評価が低くなることもある
  • 悪徳業者には注意が必要
  • 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類がある

ファクタリングの最大のメリットは、審査や入金が迅速に行われることです。

借り入れではなく、すでに発生している売掛金がもとになっているため、経営者にとってリスクが低い資金調達方法といえます。

その一方で、業者の選び方を誤ると、不利な条件で契約をさせられたり、思わぬトラブルに巻き込まれてしまったりする可能性もあるため、注意する必要があります。

基本的な仕組みや流れを知ったうえで、ファクタリングの利用を検討することをおすすめします。

おすすめの会社

おすすめの会社はビートーレディングです。

ビートレーディングの公式HPを見ると、最短即日〜2日程度で入金が完了することが多いようです。さらに、公式HPには「資金調達などにおいて重要な点はスピードだと考えております。」という記述もあります。

このことから、ファクタリング利用者がなるべく早く現金化したいという思いでいることをよく理解していて、最大限スピードを重視した対応をしていることがわかります。

また、ビートレーディングでは「断らない」というモットーを掲げていて、「赤字・債務超過・税金滞納・個人事業主様でもOK!」としています。そのため、はじめての方や自社の経営状況に不安がある方でも利用しやすいというメリットがあります。

実績

上述したように、ファクタリング会社には一定数の「悪徳業者」が存在し、早く現金化したいという利用者の思いに漬け込み、法外な手数料を請求する業者も存在します。

入金スピードにばかり気を取られ、トラブルに巻き込まれてしまうのはとても勿体無いことです。結果的に、現金化までに余計な時間がかかったり、思ったよりも少ない資金しか調達できなかったりという自体が起こりかねません。

また、悪徳業者や実績があまりない会社に頼んでしまうと、最悪の場合は現金化自体ができない場合も少なくありません。

一方、ビートレーディングは2017年の時点で月200件を超える契約実績があると発表しています。契約件数の多さは会社の信頼度を表していますので、月間200件、年間にして2000件以上の買取実績は十分信用できる実績と言って良いでしょう。

ファクタリングの会社選びでは、必ず実績や会社としての確かさを確認するようにしてください。

口コミ

実際にビートレーディングを利用した方の口コミには、以下のような特徴も見られます。

  • 全国各地訪問してくれるので助かる
  • 担当の方が非常に丁寧で好感が持てた
  • 月末の申し込みだったがスピーディーに対応してくれた
  • 銀行に直前で融資を断られたが、賞与資金の調達が間に合った

実績や利用者の口コミから、ビートレーディングがスピードだけの会社ではないことがよくわかります。

できる限り早く現金化をしたいが、安心して任せられる会社が良いという方にとっては、最適な選択肢ではないでしょうか?

スピード査定する
  Share:

筆者: GOODファクタリング編集部

はじめてファクタリングを利用されたい方のために、どこよりもわかりやすいファクタリング情報の発信を心掛けています。

編集部では、保険や投資、キャッシングに詳しい金融のスペシャリストが在籍しており、最新の情報を発信できるよう日々情報を収集しています。