海外との取引で有用な国際ファクタリングとは?

商談

ファクタリングは、国内における取引だけでなく、海外の取引についても行うことが可能です。「国際ファクタリング」という方法があり、海外との貿易取引の輸出代金を回収することが可能です。

しかし、国際ファクタリングは海外との取引となるため、一般的な国内におけるファクタリングとは仕組みが異なります。本記事では、国際ファクタリングの仕組みや方法、メリット・デメリットなどについてご紹介します。

国際ファクタリングとは

国際ファクタリングは、主に海外に商品を輸出する時にかかる代金の回収を行うサービスのことを指します。輸出債券を買い取る方式のファクタリングで、輸出企業(依頼主)、輸入企業(クライアント)、日本のファクタリング業者、海外のファクタリング業者が連結する、4社間ファクタリングとなります。

日本企業同士で取引を行う場合には、クライアントの信用情報などが手に入りやすかったり、万が一売掛金の回収が滞ったりした時などでも、クライアントに支払いを促したりしやすいなどの面があります。

一方、海外企業との取引の際では情報が得づらいため、取引の途中でいきなり連絡が取れなくなったり、予期せず倒産してしまったりするなどのリスクが、日本企業同士の取引に比べると高くなります。

一般的にはそのようなリスクを避けるため、海外との貿易取引の際には、「L/C」と呼ばれる信用状が利用されています。これは、輸入企業の現地の銀行が輸出企業に対し、代金支払いを約束する保証状のことです。

L/Cの場合、代金を確実に回収できるというメリットはあるものの、コストがかかったり、審査に通るまでのやりとりに時間がかかったりする、などのデメリットもあります。

手間をかけず、輸出代金を速やかに回収するための方法が、国際ファクタリングです。

おおまかな手順

国際ファクタリングの基本的な流れは、以下の通りです。

  • 輸出業者(以下 依頼主)が、日本のファクタリング業者に輸入業者の信用保証の引受け(与信枠の設定)を依頼
  • 日本のファクタリング業者が海外の提携ファクタリング会社に保証引受けを打診
  • 海外の提携ファクタリング業者は輸入業者が信用を調査
  • 輸入業者の了解を得て売買契約を締結
  • 輸入業者は海外の提携ファクタリング業者に代金を支払う
  • 海外のファクタリング業者が代金を日本の指定銀行に送金
  • 依頼主に代金が支払われる

万一、支払期日に代金が支払われなくとも、日本のファクタリング業者と外国のファクタリング業者が連携して支払いが保証されます。

メリット・デメリット

国内のファクタリングにおいてもメリット・デメリットがありましたが、国際ファクタリングの場合は国内とは異なるメリット・デメリットが存在します。以下で詳しくみていきましょう。

メリット

L/C(保証状)がなくても海外取引ができる

輸出代金の回収をするために「L/C」を利用する場合、銀行の審査が必要になります。審査に時間がかかるほか、輸出企業よりもクライアント(輸入企業)の審査が厳しい傾向になるため、クライアントの状況によっては審査に通らず、取引開始までに時間がかかってしまうケースがあります。

国際ファクタリングの場合、ファクタリング業者が調査を行って問題がなければ利用できるため、L/Cがなくても海外取引がしやすくなります。

確実な代金回収が可能

国際ファクタリングの場合、支払いが100%保証されているため、確実に代金を回収することができます。一般的に、クライアントが支払い期日よりも90日以上支払いが遅延した場合、保証履行がなされます。「きちんと代金を回収できるか心配」という場合でも、国際ファクタリングならば安心です。

書類の遅れが起きない

L/Cを利用する場合、輸出企業からクライアントに対して、銀行を通して必要書類が送付されます。書類がなければ、クライアントは商品を受け取ることができません。

そのため、商品はすでに到着しているのに書類がまだ届いていないため、商品を受け取れず支払い時期が遅れるということも起こります。国際ファクタリングの場合は、請求書と書類の写しがあれば代金の支払いが可能なため、そのようなことはありません。

デメリット

手数料が高め

国際ファクタリングを行う場合、かかる手数料は輸出企業が負担します。国際ファクタリングでは、保証料と信用調査費がかかります。国際ファクタリングの保証料は0.7%~2%(年)で、L/Cの0.5~1.0%(月)よりも割高に設定されています。

クライアントの同意が必要

国際ファクタリングを行う場合には、必ずクライアントの同意が必要になります。日本の2社間ファクタリングの場合、ファクタリングを行うことをクライアントに知らせずに利用できますが、国際ファクタリングの場合はできません。

ファクタリングを利用することをクライアントに知られたくなかったり、クライアントが同意しなかったりする場合には、国際ファクタリングは適していません

取り扱っている業者が少ない

国際ファクタリングの場合、日本企業同士のファクタリングと比べると、取り扱っている業者が少ない傾向にあります。日本では、大手銀行の子会社など、国際ファクタリングを利用できる業者は限られています。

スピードと確実性がある国際ファクタリング

国内ファクタリングと比べると、利用できる業者の数が少ない国際ファクタリングですが、信用状発行などの手間を省くことができたり、代金の回収を自社で行わなくてよかったりするなど、メリットもたくさんあります。

海外取引の代金回収のひとつの選択肢として、国際ファクタリングを検討してみることをおすすめします。

  Share:

筆者: ファクタリング編集部

はじめてファクタリングを利用されたい方のために、どこよりもわかりやすいファクタリング情報の発信を心掛けています。

編集部では、保険や投資、キャッシングに詳しい金融のスペシャリストが在籍しており、最新の情報を発信できるよう日々情報を収集しています。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください