診断報酬債権の買い取りについて

契約

診断報酬債権(レセプト)は、業者に買い取って貰うことで即座に現金化できることをご存じでしょうか。

これは怪しい手法ではありません。「ファクタリング」と呼ばれる、債権を業者に譲渡し、手数料を引いた分を入金して貰うという、医療業界では広く知られる資金調達方法のひとつなのです。

今回は、「診断報酬債権」を買い取って貰うことのメリットや、どうやって買い取って貰うのかについて、詳しく解説していきましょう。

診断報酬債権(レセプト)を買い取ることで早期現金化

診断報酬債権の買い取り。これは「医療ファクタリング」と呼ばれ、医療業界で広く知られている資金調達手法のひとつです。

国保または社保から支払われる診断報酬債権(レセプト)を、外部のファクタリング業者に買い取って貰うことで現金化することで、資金調達を行うのです。

医療従事者であればご存じの通り、医療費は国家が7割を負担しているため、医療機関や調剤局に支払われる報酬も、国保(国民健康保険団体連合会)社保(社会保険診療報酬支払基金)など国からのものが大半です。

ですが、レセプトが発生してから実際の支払いまでは、通常60日前後かかるのが普通です。

ファクタリングでは、この未入金の債権をファクタリング会社に譲渡し、ファクタリング会社から手数料分をひいた額を入金してもらうことで、支払いを待たずに債権の現金化が可能となっています。

特に、数あるファクタリングの中でも以下の点で、診断報酬債権は信用力があるため、ファクタリングに向いている優良な債権であるともいえます。

  • 支払い元が国保か社保のため、ファクタリング会社が貸し倒れるリスクはほぼゼロ
  • 依頼者も医療機関であるため、トラブルが起きる可能性が低い

したがって、民間企業同士で発行する債権よりも、迅速かつ良い条件で債権を買い取って貰える可能性が高くなっています。

なお、この診断報酬債権のほかにも、調剤報酬債権介護報酬債権も現金化することが可能で、これらをまとめて「医療ファクタリング」と呼ばれています。

「債権譲渡(ファクタリング)」は買取、「債権譲渡担保」は融資

勘違いされやすいのですが、ファクタリング(債権譲渡)と、譲渡担保とは別物です。

前者は、業者または金融機関に債権を直接買い取って貰うことを指しますが、譲渡担保は、その名の通り債権を担保に融資を受ける行為であるためです。

仕組みや、不渡りになった際の返済義務など、両社は大きく違いますので、ひとまず別物であるという点は覚えておきましょう。

診断報酬債権を買い取ってもらう(ファクタリングする)ことのメリット

診断報酬債権ファクタリングは、資金調達手法として以下のようなメリットがあります。

  • 早ければ契約翌日に現金化できる
  • 医療債権のため、契約や審査・手続きが非常に簡単
  • 担保・保証人不要
  • 初回の買取は2〜3ヶ月先の診療報酬までOK
  • 手数料はあまり高くない

特徴的なのが、「審査や手続きが簡単、しかも手数料が安い」という点です。詳しく解説していきましょう。

早ければ契約翌日に現金化できる

診断報酬債権は、前述の通り優良債権であるため、審査が早く、翌日には現金化できる会社も存在します。融資では時間がかかり過ぎるなど、急ぎのニーズにマッチしているといえます。

医療債権のため、契約や審査・手続きが非常に簡単

こちらも、理由は上述と同様です。医療機関や支払い元の審査を行う必要がなく、診断報酬債権の存在を証明できる書類があれば審査はおおむね完了するところがほとんどです。

担保・保証人不要

ファクタリングに共通する部分として、単なる買い取りにあたるため、担保や保証人は不要です。

初回の買取は2〜3ヶ月先の診療報酬までOK

医療債権ファクタリングでは、初回買い取りから2~3ヶ月先の診療報酬まで買い取ってもらうことが可能です。運転資金の調達や、従業員の給与支払いなど、キャッシュフローの改善には大きな効果を発揮します。

手数料はあまり高くない

また、国保・社保がファクタリング会社に直接報酬を支払う3社間形式のため、手数料分に貸し倒れリスクや債権譲渡登記にかかる諸費用などが必要ありません。

そのため、手数料も1~3%と、非常に低い利率で買い取ってもらうことが可能です。

上記の点において、銀行融資や民間業者が行うファクタリングと比較して、良い条件での調達ができることがわかるかと思います。

それでは、続いてデメリットと注意点もチェックしていきましょう。

診断報酬債権ファクタリングのデメリット・注意点

一見して優れた診断報酬債権ファクタリングですが、注意しなくてはならない点も存在します。

  • ファクタリング可能なのは2~3ヶ月先の債権まで
  • 数ヶ月間は診療報酬が入金されない
  • 時効(3年)の過ぎた債権は買い取り不可能
  • 業者選定はしっかり行う必要がある

それでは、詳しくチェックしていきます。

ファクタリング可能なのは2~3ヶ月先の債権まで

原則として、ファクタリング可能なのは2〜3ヶ月先までの債権のみです。したがって、大きな額を調達する方法としては不向きと言えるでしょう。

数ヶ月間は診療報酬が入金されない

診断報酬ファクタリングは、いわば診断報酬2〜3ヶ月分を前借りしているようなものです。すなわち、数ヶ月間は入金された額の中からやり繰りする必要があるため、キャッシュフロー計算をしっかり行っておく必要があります。

時効(3年)の過ぎた債権は買い取り不可能

可能性は低いと思いますが、発行から3年の経った債権、いわゆる消滅時効の債権は買い取って貰うことができません。

債権には時効が存在することと、時効が過ぎる前にファクタリングすべきことは把握しておきましょう。

業者選定はしっかり行う必要がある

ファクタリングは、業界自体がまだ発展途上ですので、悪徳業者が紛れ込んでいる可能性もゼロではありません

信用に値する業者か、しっかり事前リサーチをして業者選定をすることが必要といえるでしょう。

診断報酬債権ファクタリングはどういった人におすすめ?

まとめると、診断報酬債権ファクタリングは下記のような人におすすめできる手法といえます。

  • 銀行の融資審査を受ける暇がない
  • 医療機器など、短期での資金調達が必要になった
  • 開業資金・運転資金などが必要

上記のニーズに合致する方は、銀行融資を受ける前に診断報酬債権をファクタリングしてみるのがおすすめです。

  Share:

筆者: ファクタリング編集部

はじめてファクタリングを利用されたい方のために、どこよりもわかりやすいファクタリング情報の発信を心掛けています。

編集部では、保険や投資、キャッシングに詳しい金融のスペシャリストが在籍しており、最新の情報を発信できるよう日々情報を収集しています。