手形割引に代わる、一括ファクタリングとは?

握手

現在、「ファクタリング」では「一括ファクタリング」が主流です。

「一括ファクタリング」は、「一括買取ファクタリング」「買取ファクタリング」とも呼ばれることがあります。

ファクタリングにもさまざまな種類がありますが、「一括ファクタリング」は従来の手形割引に代わるサービスであり、経営者であれば把握しておきたいところです。

本記事では、一括ファクタリングがどのようなものなのか、また「手形割引」などとどう違うのかを含め、解説していきます。

債権を「買い取って現金化」する一括ファクタリング

ファクタリングとは、企業がもつ「売掛債権」を、金融機関や業者に買い取ってもらうことで早期現金化する、資金調達手法のひとつです。

ファクタリングには、保証や国際などいくつかの種類があります。そのうち、一括ファクタリングは最もポピュラーな手法となっています。

従来、資金調達手法として一般的だった「手形割引」を、より合理的なシステムにしたものと捉えれば、そのメリットや仕組みを把握しやすいでしょう。

手形割引との違いとメリット

手形割引は、「売掛債権を担保に融資を受ける」手法です。しかしファクタリングは、あくまで債権を買い取る手法であり、融資ではありません。

このことから、次のようなメリットがあります。

  • 審査が厳しくない(支払い元である売掛先の与信が重要)
  • 早期現金化が可能(最短で数日)
  • 手形に比べて手数料が安く、印紙代などコストも抑えられる
  • ノンリコース(返済義務がない)ファクタリングが主流

また、紙で管理する必要がある手形割引と比較して、次のような面も期待できます。

  • 交付・管理コストが不要
  • 紛失・盗難リスクを回避できる

総じて、一括ファクタリングは手形割引に比べて、支払企業と納入企業、双方にメリットのあるサービスと考えて良いでしょう。

続いて、一括ファクタリングの仕組みについて詳しく解説していきます。

一括ファクタリングの仕組み

一括ファクタリングは、「納入企業」「支払企業」「ファクタリング会社」の3社が基本契約を締結することで行われます。

契約を締結した後の流れは、以下の通り。

  1. 納入企業が支払企業に納品・サービス提供(債権発生)
  2. 納入企業がファクタリング会社に債権を譲渡
  3. 支払企業が債権譲渡に同意
  4. 納入企業が割引申込をし、ファクタリング会社が資金を入金
  5. 支払期日どおりに、支払企業がファクタリング会社に支払い
  6. 割引未実施部分がある場合、後日納入企業に振り込み

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

一括ファクタリングは「納入企業」「支払企業」「ファクタリング会社」の契約により行われると前述しましたが、この形は「3社間ファクタリング」とも呼ばれます。

この他に、一括ファクタリングには、「支払企業」が関わらない、「納入企業」と「ファクタリング会社」のみの契約に基づく「2社間ファクタリング」も存在します。

2社間ファクタリングでは、上記の3の必要がなく、4、5では支払企業は納入企業に支払いを行います。納入企業は支払われたお金をファクタリング業者に渡します。

3社間ファクタリングの方が手数料は安いのですが、支払い企業の承諾が必要ない分、2社間ファクタリングの方が現金化が早くなります。

3社間の手数料相場は1~5%、2社間の手数料相場は10%~20%です。これよりも手数料が高い業者は、悪徳業者である可能性が高いので注意しましょう。

なお、現在、金融機関が行う一括ファクタリングは、3社間ファクタリングのみです。これには、以下のような参入リスクがあるためです。

・売掛先を介さないことによる貸し倒れリスクの増大
・ファクタリングに「利息制限法」が適用されていないことによる将来性の懸念

2社間ファクタリングというビジネスは、法整備や貸倒れなどを考えると、金融機関にとってリスクが大きすぎるのです。

2社間ファクタリングの利用が危険だと言っているわけではありませんが、金融機関が参入できない背景としてこのようなものがあるという点は、覚えておきましょう。

ファクタリングの種類

「一括ファクタリング」は、「一括ファクタリング」と「買取ファクタリング」に分けて説明されることもあるようです。

しかし、「売掛債権を買い取ってもらうことによる資金調達法」であることは同じで、どちらも「一括ファクタリング」もしくは「一括買取ファクタリング」と呼んで問題ありません。

ファクタリングには、「一括ファクタリング」の他に、「でんさいファクタリング」「国際ファクタリング」「保証ファクタリング」といった種類があります。それぞれ次のようなファクタリングです。

でんさいファクタリング

「でんさい(電子記録債権)」と呼ばれる、Webを経由したサービスを利用して行うファクタリング。一括ファクタリングも、このサービスを利用して行われることがあります。

「でんさい」は、2008年に全国銀行協会が設立した「でんさいネット」を基盤とするサービスで、この「でんさい」を利用したファクタリングは「でんさいファクタリング」と呼ばれます。

「でんさい」を利用する場合は、債権が発生する前に支払企業側が「でんさいネット」に申し込み、電子債権発行のための準備を済ませておく必要があります。

でんさいファクタリングとは?

国際ファクタリング

主に海外に商品を輸出する際にかかる代金の回収を行うサービスのこと。ファクタリング業者が輸出債券を買い取る方式のファクタリングです。

輸出企業(依頼主)、輸入企業(クライアント)、日本のファクタリング業者、海外のファクタリング業者が連結する、4社間ファクタリングとなります。

海外との取引で有用な国際ファクタリングとは?

保証ファクタリング

支払企業の倒産などにより売掛債権が回収できないという事態を防ぐため、ファクタリング業者が売掛債権のうち支払企業の信用に基づいた額を補償するサービス。

一括ファクタリングやでんさいファクタリング、国際ファクタリングは、いずれも売掛債権の現金化を早めるサービスですが、保証ファクタリングは、万が一支払企業からの支払いがなかった時に、ファクタリング業者が事前に補償した金額を納入企業に渡します。

一括ファクタリングの要点まとめ

一括ファクタリングとは、「売掛債権を買い取ってもらい、早期現金化する」資金調達手法です。

従来一般的であった資金調達手法の手形割引と比較すると、支払企業、納入企業双方に次のようなメリットがあります。

納入企業のメリット

  • 紛失・盗難リスクをゼロに
  • 融資ではないので自社の与信が重要視されない
  • 手数料が安い(1~5%が相場)
  • 借入金(流動負債)が貸借対照表に記載されなくなり、融資を受ける際に有利

支払企業のメリット

  • 交付する際の印紙代の削減
  • 発行事務作業の効率化

納入企業にとっては、もちろん売掛金を早く現金化するために有効です。

加えて、低金利でキャッシュフローの改善が図れますので、海外では資金難の企業に限らず、かなり幅広い業種で利用されているポピュラーな資金調達手法となっています。

  Share:

筆者: ファクタリング編集部

はじめてファクタリングを利用されたい方のために、どこよりもわかりやすいファクタリング情報の発信を心掛けています。

編集部では、保険や投資、キャッシングに詳しい金融のスペシャリストが在籍しており、最新の情報を発信できるよう日々情報を収集しています。